手間も暇も惜しまない「もの創り」が誇りです。

 

お客様に誇りを持って使っていただきたいからこそ、私たち山藤の革職人・スタッフたちは、手間暇を惜しみません。
本物の素材を、技術でカタチにしていく。

 

革小物製品造りの工程は数多く、すべてがテクニックと緊張を必要とします。道具を選び、天候で糊の加減までを調整する。パーツを造り上げ、商品の完成へ。そして検品の数々。

その、こだわりを持って、一つひとつ丁寧にものを造りあげる事が、職人・スタッフの充実感と喜び、誇りなんです。そして、完成させた製品がご利用されるお客様一人一人から支持される。これが私たち山藤の革職人・スタッフたちの誇りです。

  

■革の剪定
商品の特性が生きる革を選びます。
キズのない部分を選り分ける作業から始まります。

 

■革を漉く
革のふくらみ加減や張り具合をすき機を使って調整します。
革のすき加減で作品のできばえが大きく左右されるとても重要な基本技法のひとつです。

 

■金型による革の裁断
ひとつひとつの財布は多くのパーツで構成されます。
そのひとつずつを丁寧に正確に金型を使って裁断していきます。

 

■裏地貼り
小銭入れや札入れ部分の裏地に使用する布を型抜かれたパーツに貼っていく気を使う作業です。

 

■ネン引き
熱したコテを使って凹みラインを入れる作業です。
製品のフチを丈夫にする重要な工程のひとつで、製品のアクセントにもなります。
ネン包丁は職人の技量を示す道具。革の種類や厚み、パーツにより、数あるネン包丁の中から。1本を選択します。熱、強さ、角度を調整することで印象が大きく変わります。

 

■菊寄せ
放射状に細かな間隔で、少しずつ革を寄せるように織り込み滑らかなカーブに仕上げていきます。
コーナー部分は、さらに包丁で厚みを調整して均一にキザめるようにします。こうした細部のディテールにより完成度が決まります。

 

■縫製
機材は管理と調整が命。
縫う革質や厚みによって針の太さを選び、上下の糸の”しまり具合”を調整します。このステッチのしまり具合が製品の出来映えを左右します。
そして縫い糸には、革の色合いが引き立つように、明るめの色を使用しています。

プタハバナー

「YAMATOUの薄い財布」人気の理由

大好評!YAMATOUのブランドPoint8、PTAH、その他シリーズ、
その人気のポイントは、「機能性を高めた、薄く使いやすい」革製品。

●110年以上作り続けた技術力

山藤は110年以上にわたり作り続けて参りました。
様々な革の素材を熟知し、最適な選択と加工をします。
革製品を使い続けても更に味が深まる製品作り。

●高品質な革を使用

革を薄く漉いても、「丈夫でやつれにくい高品質な革」を厳選し、加工しております。
そのため財布等重ねて製作する場合、
部分的に酷使されがちな部分も、丈夫で長持ち。
味が深まる製品作りをしております。

●デザイン・機能性など細部まで妥協なし。

収納スペースをしっかり持たせた製品ほど、
薄さへのこだわり、機能性は格別です。

手間と技術を必要とする構成を惜しみなく使い、
信じられない薄さと使いやすさを実現しています。

そして、折り紙シリーズなどの極薄レザー製品の場合、
他社では通常一枚革で済ましてしまう所。
山藤では「使い心地・デザイン感・耐久力」を考慮し、
極薄レザーを高い技術で貼り合わせ製作するなど妥協がありません。

●最低限の機能に絞ったスマートな使い心地

レシートなどしまいこんだまま持ち歩いて閉まっている人も多いはず。
そのような事がないよう必要な機能に絞り、

YAMATOUの革製品はレパートリーも充実。
現在のお客様の財布を見なおして頂き、
本当に必要な機能をご確認下さい。
その上で選んでいただければ最適な財布がお選び頂けると思います。

週一度にでも、財布の中も外もお手入れしていただければ、
スマートに綺麗にお使いいただけます。

●そしてメイドインジャパンのこだわり

山藤の革製品は、すべて国内の職人が心を込めて製作しています。

使う人の気持ちになり、一切の妥協もありません。
ただ単に高級な革を使用するのではなく、
製品のデザインに合わせた質感を大事にした革選びをしております。

YAMATOUの製品は、一度使えばそのモノ造りの深さ、
そして細かなアイディア、技術がひしひしと感じ取れるでしょう。

 YAMATOUの製品は、一度使えばそのモノ造りの深さや細かなアイディア、技術がひしひしと感じ取れるでしょう。