神楽坂の扉絵を描いてくれたアーティスト | 山藤(やまとう)| 老舗の職人が作る日本製の革財布
キーワード
カテゴリー
予算
x 閉じる

神楽坂の扉絵を描いてくれたアーティスト


神楽坂ウォレテリアは2020年9月13日で2周年。お店を訪れるお客様に強い印象を与える店舗入り口のガラス扉には、二匹の虎と神楽坂を象徴する石畳のイラストが描かれています。
このイラストを手がけていただいたアーティスト・イラストレーターの大河紀さんの個展が表参道にて開催されています。


大河 紀 SOLO EXHIBITION
「呼吸する絵画」

力強さの中に繊細さを感じる作品の数々。この個展のために取り入れた挑戦的な印刷方法は、大河さんの描く作品の熱量をどこか冷たさのある素材に閉じ込めているように見え、そのためか作品が解放されようと生き生きしている、まるで生きているかのように感じました。



個展詳細【終了しました】

大河 紀 SOLO EXHIBITION
「呼吸する絵画」

会期:2020年9月11日(金)〜9月16日(水)
[会期中無休・入場無料]

場所:表参道ROCKET
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F Tel:03-6434-9059

時間:11:00〜20:00
[9月16日(水) 11:00〜18:00]

※新型コロナウイルス感染症対策の基本方針により、営業時間が短縮となる場合がございます。
詳細は表参道ROCKETのHPをご覧下さい。


大河紀-オオカワノリ

イラストレーター/アーティスト
HB File Vol.30 日下潤一特別賞
第22回グラフィック1_WALL 上西祐理奨励賞
第215回ザ・チョイス入選
instagram / twitter

大河さんには実は神楽坂の扉だけでなく、アトリエのガラス戸にもイラストを描いていただいています。このアトリエのイラストは、春とか秋とか涼しくて戸を全開にできる気候でないと完成しない作品になっています。神楽坂・アトリエへご来店の際はぜひ作品をお楽しみください。そしてもちろん大河さんのこちらの個展、見応えがありますよ。

神楽坂ウォレテリアアクセス


オンラインショップTOPページへ戻る