山藤について

About

山藤のあゆみ

明治32年(1899年)に初代・山本徳太郎が17才で独立し、東京市本郷区(現在の文京区)に革財布の工房を創業しました。徳太郎は若くして亡くなり、二代目として後を継いだ山本藤次郎が自身の名前の頭文字を取り「山藤(やまとう)」を設立しました。昭和2年(1927年)に下谷区(現在の台東区)元浅草に本社を移転。昭和20~30年代には当時としては画期的な写真付きカタログを持ち歩き注文を受け、1970年代後半には日本のメーカーとして初めてLouis Feraudのライセンス商品をOEM製作しました。その後、大手ハンドバック卸商社・百貨店から依頼を受け、一流ブランド革財布のOEM生産を中心に生業を行ってまいりました。2004年に現代表・山本浩司が五代目当主に就任。オリジナルブランド「アクア」と「プタハ」を立ち上げ、デザインから作成、販売までを一貫して行うことによって、本当に良いものを適正価格でお客様にお届けできると信じ、時代に合う財布を作り続けています。

山藤のこころ

手間暇を惜しまない「もの創り」が誇りです

お客様に誇りを持って使っていただきたい。そう願う山藤の職人・スタッフたちは、手間暇を惜しみません。 
本物の素材を、技術でカタチにしていく。革小物製品造りの工程は数多く、すべてがテクニックと緊張を必要とします。
道具を選び、天候で糊の加減までを調整する。パーツを造り上げ、商品の完成へ。そして検品の数々。
その、こだわりを持って、一つひとつ丁寧にものを造りあげる事が、職人・スタッフの充実感と喜び、誇りであります。 そして、完成させた製品がマーケットで支持される。これが山藤の誇りです。
この“誇りを持つ”繋がりを大切にしたく、山藤では、日本で、自社工場で、また、信頼関係の深い熟練パートナーと革財布をはじめとして革小物製品を造り続けてきました。 これからも、誇りを持った繋がりに感謝し、そして感謝される企業になるよう、製品造りに取り組みたいと考えております。

株式会社山藤 五代目当主 山本浩司

山藤のしごと

山藤の革

山藤では、職人の厳しい目利きによって選りすぐられた革のみを使用しております。時には、当主自ら世界各国に革の視察に向かうこともあります。タンナーや革問屋と交渉して高品質の革を入荷できることもまた、歴史と技を持った会社である証です。

  • コードバン

    農耕馬の臀部から採れる革で、その貴重性と美しい艶から「革のダイヤモンド」と呼ばれています。山藤では仏産の原皮を日本のタンナーが鞣した最高級品を使用しております。

    使用商品 | FUUKIN
  • ブライドルレザー

    英国紳士に愛される、馬具用に開発された耐久性に優れたキャンドル漬けの牛革です。山藤では、英国屈指の歴史あるタンナー・セジウィック社の革を使用しております。

    使用商品 | ブライドル
  • 北米産ステアハイド

    山藤が、高品質な北米産ステアハイド(牛革)を手触りよくする為、さらにプルアップオイルを充填させ、使うほどに艶の出るワンランク上の革に昇華させた自慢の一品です。

    使用商品 | カモフラージュ・ツリー

山藤の技

革の裁断から縫製、仕上げまで全てを日本の職人が手で仕上げます。山藤の財布には、今はもう行える職人が少なくなっている伝統技術と、現代の職人たちが編み出した新たな技術が使われています。お金を大切にする日本人の心を反映した数々の技は、現代人が持っても感動する使い心地を実現します。

  • 風琴マチ

    風琴マチとは、通常のマチとは逆に外にマチを張り出し、お札をスッと取り出せる日本の伝統工芸です。継承が難しい技術を持続可能にする為、山藤独自の製造方法を確立しました。

    使用商品 | FUUKIN
  • 櫛マチ

    つげ櫛を利用して革を蛇腹状に加工し、より伸縮性を持ったマチにする技法です。手間と時間のかかる作業のため、消えかかっていた技術を山藤のベテラン職人が復活させました。

    使用商品 | Buffing櫛マチ小銭入れ
  • ミキシングテクノロジー

    顔料を4層に重ねる多層構造により、表面を専用の研磨剤で磨くと、美しい表情を表す「輝く」革を独自開発しました。研磨クリームは人体に無害な物を(株)コロンブスと共同開発しました。

    使用商品 | Buffing

会社概要

会社名株式会社 山藤
本社所在地〒111-0041 東京都台東区元浅草1-7-9
電話番号TEL:03-3841-6885(代表) FAX:03-3845-6445
※営業のお電話は固くお断りしております。
代表者山本浩司
創業昭和28年12月29日(1953年)
資本金1,000万円
取引銀行朝日信用金庫、ゆうちょ銀行
営業品目革財布を中心とした革小物製品全般のOEM製造
オリジナルブランド製品(PTAH,AQUA)の企画・製造・販売
所属団体東日本ハンドバック工業組合、協同組合 東京ハンドバック協会、日本ハンドバック協会
会社HPhttps://www.tokyo-yamatou.co.jp

お知らせ

News

Instagram