山藤トピックス

YAMATOU topics

  1. 山藤トピックス
  2. 【革のお手入れ】コードバン

革のダイヤモンド『コードバン』

コードバンの弱点とお手入れ

美しいコードバンにも弱点があります。耐久性に優れた革の為、特徴を知り、適切に扱えば相棒として長くお使いいただけます。コードバンの革の説明はこちら

弱点1. 水に弱い
コードバンは繊維の塊であるため、銀面(革の表皮)がなく、水を素直に吸ってしまう性質があります。
また、水を吸って乾くと水ぶくれや染み跡が必ず残ってしまうため、十分な注意が必要です。
また、汗も同様です。特に汗にはアンモニアが含まれるため、濡れたまま放って置くと革が変色してしまう可能性があります。
夏場など汗をかく季節にポケットなど肌に近い所にしまって置く事は避けましょう。
水が付いてしまったら...
水がついてしまった場合は、乾いた布で優しく抑えるように水分を取り、日陰干しをしてください。
直射日光やドライヤーで乾かす事はしないようにしてください。

弱点2. 傷が目立ちやすい
コードバンは比較的傷が着きやすい素材です。また、光沢感が強いため、細かな傷も目立ちやすいと言えます。
ただ、非常に強い革ですので、審美的な傷は付けど、よほどのことがない限り、裂傷のような致命的な傷がつく事は無いでしょう。
硬い繊維の布やブラシなどでこする事は細かい傷の原因になります。乾拭きする際には必ず、使い古したシーツや下着などの柔らかい布をお使いください。
傷がついてしまった場合は、無理に直そうとせず、経年変化で傷が馴染んで来るのを待ちましょう。
綺麗に保つには...
『鍵はキーケースにしまい、尖った金属とは接触しないようにする』『鞄の中で泳がないよう鞄の内ポケットにしまう』など取り扱いに注意することが綺麗に保つ一番の方法です。

弱点3. 埃に弱い
革全般に言えることですが、埃は革の油分を吸いとり、革を乾燥させてしまいます。使用しない時には付属の不織布と箱に入れ、風通しの良い日陰に保管してください。

コードバンのお手入れ方法

日常的なケアとしては、使い古したシーツや下着などの柔らかな布で乾拭きするだけで十分です。
表面の埃や指紋を拭き取るだけで十分に輝きを取り戻してくれます。
山折部分などの乾燥が気になる時は、コードバン専用のクリームをごく薄く塗り込んで下さい。
専用クリームがなくとも、毎日手で撫でるだけでも十分な油分が入り、滑らかになって行きます。
コードバン専用クリーム以外の皮革クリームは、コードバンの艶を曇らせてしまう可能性がございますのでお控えください。

おすすめの製品

Instagram

@tokyo_yamatou