革製品用語集

[ア]

アイレットとは(鳩目)

 靴の紐を通す部分。通称、鳩目とも呼ばれている。

アウトソールとは

主に地面に接地する部分。アウトソールの長さという時には、つま先〜かかとまでの長さを測ります。

足入れとは

靴を履いた時の実際の感覚。サイズは同じでも作り手、素材、デザイン等により感触が違ってくるので、非常に重要な部分。

アーチとは

基本的に言われているの、は足の土踏まずの部分、しかしもう二箇所重要なアーチが存在し、合計三箇所のアーチによって 足が、機能しています。1.かかと 2.親指の付け根 3.小指の付け根 の点をを結ぶ三角形が重要となり、靴によりこれらのアーチをサポートする事が大切です。

アッパーとは

靴の甲の部分の総称。靴底をのぞく上部のすべての意味に用いられる。

アニリン仕上げとは

染料のみ使用する仕上げで、表面に透明感を持たせ、革らしさを象徴する.

アンクルブーツとは

くるぶしまでの、あるいはそれよりやや上ぐらいの深さをもつブーツの総称。女性はヒールのあるものを指すのが一般的となっている。

安全靴とは

元々は工事作業用の靴で。先の部分にスチールキャップなどを入れて、足先をを保護する役目がある。

一文字飾りとは

(ストレートチップ)

インソールとは

(中底)

ウィズ(ワイズ)とは

足の幅。親指の付け根から小指の付けまでの長さの事を指しますか。

ウイングチップとは

前面の部分にW字型の穴飾りのあるデザイン。

ウェッジソールとは

(楔形の厚底)の意味。ヒール部分が踵から前まで下に付くように繋がっている状態のもの。ウェッジソールは1930年代頃からあるといわている。

ウォーキングシューズとは

歩行のしやすさを重点に置いて、作られた靴。

内羽根とは

(バルモラル)

ウレタンソールとは

ポリウレタン製のソール。ゴムに比べて軽く、耐摩擦性があり、耐油性、復元性もある。何年も置いておくと突然劣化が見られ割れなどが出来やすい。

エナメルとは

油脂やエナメル(樹脂)でコーティングをしたもの。

エンジニアブーツとは

足首部分と履き口部分にストラップがついているハードなブーツ。

エンボス加工とは

(型押し)参照。

オイルレザーとは

オイルタンド・レザーの事。油脂加工を施した防水性のあるなめし革。オイルが染み込んだ風合いが非常に味が出る。

おかめ飾りとは

ウイングチップ

オーストリッチとは

ダチョウの革。その素材は軽くて丈夫な革で羽根を抜いたあとが特徴的。

オックスフォードシューズとは

'60年代にイギリスのオックスフォード大学の学生の間で履かれた靴が原型。靴の基本形のひとつで、紐結び式で、くるぶしから下でカットされた短靴の総称です。

オペラパンプとは

ヒールが高く、シンプルで飾りのないパンプスで、観劇や夜会用の靴。

[カ]

外反母趾(がいはんぼし)とは

主に足の親指が小指の方向に急激に曲がって。しまう現象。ハイヒールなどの靴が原因で起こるとよく言われるが、子供や男性にも見られ、原因の多くは足の横アーチを形成している中足関節の靭帯が緩んでしまうことが原因とされる。

カウハイドとは

お産をした後の雌牛で、生後約2年経過している牛からできる革。肌理が細かくステアハイドより革が薄いです。

型押しとは

皮の表面に加熱高圧プレスで加工した革の総称。最近ではファッション性の高さで人気がある。

カッターシューズとは

ヒールが1〜2センチくらいの婦人用スリッポンのこと。小型艇の(カッター)に似ていたことから名付けられたと言われている。

カーフ(カーフスキン)とは

生後約6ヶ月までの仔牛からできる革で、成牛革に比べて、表面の傷が少ないため、牛革の中では一番の高級品。緻密な繊維組織が特徴でしなやかで薄く仕上がります。

カリフォルニア式製法とは

甲革・中底・裾テープなどを縫い合わせ袋状にし、裾テープを底側に巻き込んだ後表底を貼りつけるます。とても屈曲性の良い靴に仕上がり、歩行などがしやすい特徴があります。

皮とは

皮は動物かとった状態のもの。

革とは

皮をなめした後のもの。レザー製品にする場合は必ずこの作業を行ったものを使う。

木型とは

ラストや靴型とも言う。靴を作る原形として使うもので。靴の形の7割を決定するとも言われている非常に重要な部分。素材は木・プラスチック・鉄などで出来ている。

キッドとは

仔やぎの革をからできた革。軽い・きめが細かい・柔らかい・丈夫などの特性がある。

キップとは

生後6ヶ月から2年位までの牛からできる革。カーフより高度、厚みがある。

グッドイヤーウエルト式製法とは

19世紀チャールズ・グッドイヤー・Jr.らが開発した製法、甲革やライニングなど甲の部品を縫い合わせ、出来上がったアッパーとアウトソールを縫い付ける。履いているうちにフィット感が高まっていき、長時間履いた場合にも疲れにくく、靴底の修理をしやすいのが特徴です。

クロコダイルとは

東南アジア産のワニの一種。

クロッグとは

クロッグとは元々木をくり抜いて作られた、踵の無いオランダの木靴のことを指している。

クロムなめしとは

塩基性硫酸クロム塩から成るクロムなめし剤を使用したなめし方。時間をあまりかけずになめす方法で、柔軟で染色性がよい特性を持つ。

ケミカルシューズとは

ビニール・レザー、ナイロンなどの化学繊維を用いた合成樹脂底の靴を指す。価格を安く抑える事が出来、革に比べ水に強いが、通気性を求める場合には向かない場合が多いい。

ゴアとは

三角布、マチの部分を指す。サイドゴアブーツは靴の横側にゴムのマチが入ったブーツの事。

コインローファーとは

スリップオンタイプの靴で、甲の部分がU字形に切り替えた形の物。。

コードバンとは

馬の尻の部分の革のこと。他の革に比べ硬く、綺麗な光沢を放つ事が特徴で、繊維組織が緻密なので長持ちしやすい。

ゴートとは

やぎの革。年齢により呼び方が違い仔やぎはキッドと呼ぶ。

コバとは

靴底と、靴を縫い合わせている部分。

コンフォートシューズとは

快適なという意味が込められており、履き心地が良く、歩行が楽な事を目的として作られた靴。

[サ]

サイドゴアとは

靴の両脇に伸縮性のあるゴム素材(エラスティック)ゴアを配置した、アンクルブーツのこと。

サドルシューズとは

靴の甲革部分に、馬の鞍をつけたような配色や、材質の違う革を使用したコンビの紐つきの短靴のことをいう。

シープスキンとは

羊の革。薄く柔らかでブーツや裏革に使われることが多い。(ムートンブーツ)(シープスキンブーツともいう)は毛を刈っていない革が使われている。

しぼとは

なめした後で革を揉んで、ぎん面にブツブツと出来る模様のこと。

シャンクとは

本来足の土踏まずの部分をいう。靴のこの部分に相当する個所もこう呼ぶ。また靴のこの部分に挿入する鉄片などもシャンクと言っている。

シャネルパンプ、シャネル風とは

フランスの有名ブランド、シャネルが出したデザイン。つま先を一直線に切り替え、色を変えたパンプスをいう。本来のシャネルパンプはつま先部分が黒。

シューキーパー、シューツリーとは

中に入れて形を整え靴の型くずれやしわを防ぐ道具。靴のメンテナンスの基本で、ヨーロッパでは靴と一緒に買うというほど、広く使用されている。

シューフィッターとは

生活者の健康を第一に考え、 足に関する基礎知識や靴合わせの技能などを習得、足の疾病予防の観点から正しく合った靴を販売する専門家のことです。

スエードとは

革の裏面を、サンドペーパーなどで起毛したなめし革。毛足が短く、ソフトなものほど上質とされている。

スクエアトウとは

角ばったつま先の形状を差す。尖った形状はポインテッドトゥ、丸い形状はラウンドトゥと呼ぶ。

スタックド・ヒールとは

元々は革を層状に積み重ねて作るヒール。最近では強化プラスチックで作られる場合が多く、中に空洞があり、非常に軽量で、なおかつ強靭。

ステアとは

生後3ヶ月〜6ヶ月の間に去勢した満2歳以上のオスの牛の皮。

捨て寸とは

「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、通常、指から靴の先までに1cm〜2cm位の空間必要となる。

ステッチとは

縫い目の。デザイン的にアクセントとしての見せ方に使われる場合も多い。

ステッチダウン式製法とは

ストームとは

ストームとは、靴底の前部分を厚底にすること。

ストレートチップとは

靴のつま先部分に横に一文字のラインがあるものを指す。ビジネスシーンから正装としてのフォーマルまで幅広く対応できるので、一足あるととても重宝します。

スペリーソールとは

氷の上を滑らずに走り回る犬の足の裏をヒントに考案されたと言われているスペリーソール、デッキシューズに多く採用されている。古くからアメリカンカジュアル&トラッドの足元には欠かせない存在となっている。

スムースレザーとは

表面に起毛・型押しなどをしていない、自然のままの革。

セメンテッド式製法とは

アッパーとアウトソールを接着剤のみで貼り付ける製法。縫い目がないため耐浸水性に優れており、軽く屈曲性に富んでいるのが特徴。製法上の特性から靴底の修理・交換は難しく、ソールの張替等を考慮に入れる場合はグッドイヤー製法の靴をお選びください。

足囲とは

足の親指と小指の付け根部分を結んだ一周の長さ。ワイズのサイズを決める時に最も参考とする部分。

足長(そくちょう)とは

かかとから測り、指先までの長さ。

外羽根とは

(ブラッチャー)

[タ]

タウンシューズとは

カジュアルシューズと同じような意味で使われる。

高寸とは

かかとの高い女性用の靴を指す。

タッセルとは

房飾りのこと。スリッポンにつけたりするが、房飾りの付いたをタッセル・スリッポンと呼ぶ。

ダーティバックスとは

ホワイトバックスをわざと汚して履いたのがダーティーバックスの起源となっており、現在では最初から染色を施してある。

短靴とは

足首から下だけの浅い靴の事。

タンクソールとは

ソールが厚く、キャタピラーを連想させるような模様が使われているので、そう呼ばれている。

タンニンなめしとは

タンニン(木などの渋)なめし革は古くから伝わる伝統的ななめし方法で、革本来の味わいを楽しめる革。
長く使用することで深みが増し、独特の風合いの変化を楽見やすい革。

チェーントレッドソールとは

鎖模様のゴム底をのこと。

チップとは

つま先の周りを囲うように縫われている、縫い目の種類を表しています。

チャッカーブーツとは

履き口がくるぶしを少し隠すくらいの浅めの2対の穴が付いた紐式の革製ブーツのこと。

中ヒールとは、中寸とは

靴でハイヒールとローヒールとの中間にあたる高さ位のかかとを持つ靴を表す。

チロリアンシューズとは

アルプスのチロル地方を原産とする靴の一つ。以前はアウトドア用として使わるていたもの。

Tストラップとは

前から見ると、足の甲あたりでT字に見えるようにストラップが付けらてている物。

デザートブーツとは

足のくるぶしの上まである丈をもつ紐革靴。柔らかい革素材を使い、2、3個程度のひもを通す穴が特徴でつけられている。

デッキシューズとは

モカシン型の紐付きが一般的で、ヨットやボートなど、船の甲板などで履くための靴として作られている。底面に切込みなどが入っており、滑りにくくなっている。甲は水に濡れても大丈夫なようにオイルレザーが用いられる場合が多い。

デミブーツとは

ふくらはぎのまでの長さのブーツを指す。ハーフブーツの部類。

トップラインとは

靴の後足部、履き口回りの事。

トップリフトとは

ヒールの一番底の部分、ゴムやゴムと革のコンビになっている部分。

[ナ]

中敷きとは

靴中の底の部分に入れる足に直接受け止めるための敷物、最近では健康を考え足に合わせて作る事が増えている。インソール。

鞣す(なめす)とは

皮に薬品を用いて革へと加工する工程。革を使用する製品の場合に加工する為に必ず必要な作業、製品に合わせて革の特性を決める大事な作業である。なめし業者をタンナーと呼ぶ。

ヌバックとは

牛革の銀面をペーパーで摩擦して起毛させ、ベルベット状に仕上げた革。

ヌメ革とは

牛皮を植物タンニンに長時間漬込んで鞣したもの。

[ハ]

ハイカットとは

足首まで覆う高さがある靴をさす。

ハイヒールとは

「高いかかと」という意味を持つ、履くとかかと部分が爪先より高くなる形状の靴のことを指す。

履き口とは

ブーツなどの筒の一番上の部分。

バックスキンとは

大鹿などの皮の銀面を削り起毛させた皮。起毛させた革の総称にもなっている。本来はオスの鹿の皮から作られたものをいう。

バックストラップとは

パンプスのかかとがストラップ状になっている部分をさす。

バックルとは

靴、ベルト等につけられた留め金のこと。

パテントレザーとは

革の銀面にエナメルを塗ることで、光沢をもたせ、耐久性を与えたエナメル革のこと。

ハトメとは

紐を通す穴や飾りとして用いるの金具などを指す。布地ごとパンチ穴をあけてある様子が鳩の目に似ていることから付いた名前。

バフとは

銀面をサンドペーパーで擦り合わせる作業の事。

ハーフブーツとは

通常のブーツの丈に対してすねの中間あたりまでの靴。半長靴。

バルモラルとは

内羽根式のことを指す。くつ紐を通す穴(アイレット)のある革の端が、甲革の下に少しもぐりこんだ短靴のことを指す。

ハンマートウとは

きつい靴を履きつく出る事により、足の指が折れ曲がったままの状態になっているもの。足の指が長い人がなりやすい。

低寸とは(ひくずん)

ローヒールのことをさす。

ピッグスキンとは

豚の革で、しなやかで耐久性にも優れる。国内で唯一自給自足できる革原皮で、肉食用とされた残りの皮の部分を使用している。 海外でも日本のピッグスキンの質はとても良いものと評価されている、国内には10数件しかピッグスキンタンナーは残っていない。

ピンヒールとは

ヒールの中で。高さがあり、先がかなり細くなっているものをさす。

ファーとは

毛皮のこと。

フィッティングとは

ファッション業界では「試着」や「仮縫い」といった意味があるが、靴の場合では足に合わせた靴を選ぶ意味合いがある。 レザーゲートではイージーオ―ダを勧めており、通販でも足にきちんと合った靴を提供しております。

ブーツとは

くるぶしより上までくる長さをもつ深い靴や、長靴のことをさす。

フットウエアとは

靴や靴下など、足に履くものの総称を指す。

ブーティとは

くるぶし丈のショートブーツ。通常のブーツよりパンプスに近い感覚で履けるため、コーディネイトしやい。

ブラッチャーとは

外羽根式のこと。靴の皮と羽根の皮が一体化していないタイプ。英国ではダービー型とも言われる。

フラットヒールとは

ヒールの高さが1cmから1.5cmまたはそれよりも低いものをフラットヒールと呼ばれています。

ブラントトウとは

角を取った、丸みのあるスクエアトウの事を指す。

フリンジとは

糸房状の縁飾りのこと。布端の糸や紐を束ねたりしたもので飾りだけでなく、端の処理をする目的もある。

フレアヒールとは

ヒールの形状で、多くは下に向かって細くなっていくものとは逆に、下に向かい広くなっているもの。

プレーントウとは

爪先や縫い目などに何も飾りを付けてない、シンプルなスタイルの靴の総称。

ペコスブーツとは

アメリカ中西部エリアに流れるペコス川にて牧場や農場で働く人のワークブーツの一つであり、牛を誘導する場合の乗馬に適した高いヒール。鞍に引っ掛けない為のシューレースが省かれたデザインが特徴。 正確にはペコスブーツとはその形ではなく「REDWING」の商標登録である。

ベロアとは

牛革の裏を起毛させたもので、スエードより毛足が長くいもの。

ポインテッドトウとは

靴の爪先のデザインが、端の尖ったもの。

ホワイトバックスとは

アッパーが白いヌバックまたはスウェード素材で、靴底がレッドラバーソールやブリックソールの靴のことを指す。

[マ]

マッケイ式製法とは

甲革・中底・表底を一緒に糸で縫い付けるやり方。底の返りが良く、履き心地が軽いのが特徴。

マット仕上げとは

つや消しの仕上げのこと。しっとりとした質感になる。

マニッシュとは

女性が男性的なエッセンスを取り入れたスタイルのことを指す。

ミュールとは

女性用のサンダルの一種で、踵がないがヒールがあるものを指し、華奢で装飾性の高いデザインで作られた物を指す事が多い。

ムートンブーツとは

羊の毛皮を使ったブーツで、履く内に足にフィットしてくるので履き心地が良く、暖かさが特徴。

メダリオンとは

靴のつま先につけた小穴飾りのこと。

メーンハンティングシューズとは

LLビーン社の出している狩猟用靴の事を指す。底に防水の特殊ラバーソールが使われで、防水のあるシューズ。

モカシンとは

元々は北米の先住民が履いていた靴で、表と底が1枚の皮でできている靴。また甲の部分が、丸く縫い合わされた靴の一つもモカシンという。

モンクストラップとは

ストラップとバックルで甲を固定する靴のこと。修道士(モンク)が履いていた事から、この靴の起源とされる。

[ヤ]

ユーチップとは

つま先飾りのひとつ。ウイングチップ(*)のW型に対し、U字型の切り替えをいう。ヨーロッパの靴によく見られるデザイン。モカシン(*)と混同しやすいが、モカシンは主にスリッポンで、このUチップはひもの短靴である。

横じわとは

靴を履いて屈曲させた時に、靴のボール部に出来るしわ。靴が合っていないときに、目立った、しかも履き心地の悪いしわが現れる。

[ラ]

ライニングとは

裏側の事を指し、靴の裏張りのこと。通常見えない部分であり、ライニングのパターンは、靴の骨組みの役割のハギの入れ方を決めるもので、靴の耐久性と安定性に大きく影響を及ぼす重要な部分。

ラウンドトウとは

つま先が丸くなっている形状のことを差す。

ラグソールとは

ラグ=粗い、デコボコした。ラギッドソールともいう。平らで凸凹のあるソールを総称してこう呼ぶ。「タンクソール」参照。

ラストとは

靴の形を決める重要な要素。木型。

リザードとは

トカゲの一種の革。

リングブーツとは

足首の周辺に金属製のリングが取り付けられた、ロングブーツのこと。

ローカットとは

踝の下辺りに履口がくる靴。

ローヒールとは

3センチ前後の低いヒールを使った靴。

ローファーとは

紐を使わず気軽にはけるタイプのスリップオン靴のこと。

ロングブーツとは

膝下位まで来る深いブーツの総称。

[ワ]

ワークブーツとは

主に労働者が着用する安全靴のことで使われる。メジャーなところでは、頑丈な革で出来ており、靴紐がついた編み上げが一般的になっている。

ワイズとは

一般的には足の幅を表す言葉で、通常測り方は、親指の付け根の内側の一番出ている部分と、小指の付け根の一番外側の外周で測る。

プタハバナー

「YAMATOUの薄い財布」人気の理由

大好評!YAMATOUのブランドPoint8、PTAH、その他シリーズ、
その人気のポイントは、「機能性を高めた、薄く使いやすい」革製品。

●110年以上作り続けた技術力

山藤は110年以上にわたり作り続けて参りました。
様々な革の素材を熟知し、最適な選択と加工をします。
革製品を使い続けても更に味が深まる製品作り。

●高品質な革を使用

革を薄く漉いても、「丈夫でやつれにくい高品質な革」を厳選し、加工しております。
そのため財布等重ねて製作する場合、
部分的に酷使されがちな部分も、丈夫で長持ち。
味が深まる製品作りをしております。

●デザイン・機能性など細部まで妥協なし。

収納スペースをしっかり持たせた製品ほど、
薄さへのこだわり、機能性は格別です。

手間と技術を必要とする構成を惜しみなく使い、
信じられない薄さと使いやすさを実現しています。

そして、折り紙シリーズなどの極薄レザー製品の場合、
他社では通常一枚革で済ましてしまう所。
山藤では「使い心地・デザイン感・耐久力」を考慮し、
極薄レザーを高い技術で貼り合わせ製作するなど妥協がありません。

●最低限の機能に絞ったスマートな使い心地

レシートなどしまいこんだまま持ち歩いて閉まっている人も多いはず。
そのような事がないよう必要な機能に絞り、

YAMATOUの革製品はレパートリーも充実。
現在のお客様の財布を見なおして頂き、
本当に必要な機能をご確認下さい。
その上で選んでいただければ最適な財布がお選び頂けると思います。

週一度にでも、財布の中も外もお手入れしていただければ、
スマートに綺麗にお使いいただけます。

●そしてメイドインジャパンのこだわり

山藤の革製品は、すべて国内の職人が心を込めて製作しています。

使う人の気持ちになり、一切の妥協もありません。
ただ単に高級な革を使用するのではなく、
製品のデザインに合わせた質感を大事にした革選びをしております。

YAMATOUの製品は、一度使えばそのモノ造りの深さ、
そして細かなアイディア、技術がひしひしと感じ取れるでしょう。

 YAMATOUの製品は、一度使えばそのモノ造りの深さや細かなアイディア、技術がひしひしと感じ取れるでしょう。