ミリオレ
二つ折り札入れ

48,000円(税込51,840円)

ML235000
カラー
名入れ

書体は以下の三種類からお選びいただけます

必読名入れサービス詳細・注意事項
  • 名入れする文字

レターパック:ご購入10,000円(税抜)〜
ヤマト運輸:ご購入15,000円(税抜)〜

内装まで美しい究極のオールコードバン

美しい一枚革の外装と、財布を開いた時のカード段まで、見える部分には全てコードバンを使用した贅沢な二つ折り札入れです。深い透明感と発色が美しいコードバンは、欧州産ホース原皮を日本国内で丁寧に水染めした最高級品を使用しています。普段は見えない札入れの内装部分には、栃木レザーの国産ヌメ革を採用し、無骨なまでに品質にこだわりました。
シリーズ名のMigliore(ミリオレ)はイタリア語で「より良い」ものにつける形容詞。
最高級の素材に、縫製・磨きなど随所までこだわり抜いた本シリーズは、最上級を知り尽くした方にも必ず満足していただけると職人も自信を持って送り出します。
3年、5年と使うごとに変化し、手に馴染んでゆく堅牢かつ柔軟なレザーの質感をお楽しみください。

《本磨き》細部に宿る職人の技

「コバ」と呼ばれる革の断面。現代、殆どの製品は、顔料等を塗り重ね、顔料の層を作りコバを仕上げています。材質を問わず加工できるので重宝されるのですが、使用するうちに層ごとと剥がれてしまったり、ひび割れていくというデメリットがあります。本製品では《本磨き》と呼ばれる伝統的で手間のかかる仕上げを採用しています。まず、コバにヤスリを掛け、顔料を浸透させてから、フノリ(布海苔)等を布に付け、何度も何度も革の輝きが出るまで手で磨いていきます。革の層が木目の様に美しく表現され、使うごとに味を増して行きます。上に顔料などの層が無いため、剥がれやひび割れもしません。本来フノリと顔料を混ぜて使う方法が一般的ですが、顔料を先に浸透させることで色落ちも防ぐ方法は、山藤の職人が経験より編み出した独自の技。技術と時間のかかる《本磨き》は最高級品の証です。

レザー

奥行きのある透明感が美しい日本産の「水染め」コードバン

農耕馬の臀部(でんぶ)のぶ厚い原皮を、「コードバン層」と呼ばれる非常にきめ細かい繊維が出てくるまで削ることでできるコードバン。全ての原皮にコードバン層があるわけではなく、しかも削って見ないとわからない。その希少性と美しさから「革のダイヤモンド」とも呼ばれています。
山藤では、表面の顔料仕上げに頼らず、時間をたっぷりかけ染め上げられた日本産の「水染め」のコードバンを使用しております。革の表情をそのまま残しながら、吸い込まれるような透明感は思わずため息の溢れる美しさです。

日本が誇るタンナー「栃木レザー」

「栃木レザー」というタンナーをご存知でしょうか。80年前から変わらぬ製法で自然と共存する日本有数のヌメ革の製造元です。同社の革の特徴は、柔らかく堅牢性に優れていること。顔料や薬品を極力使わず、革本来の表情を残した革は、全ての製品を「一点物」にする魅力があります。栃木レザーがどのようにお客様の手元まで届くのか、「革が生まれる場所」の見学レポートをぜひ、ご覧ください。

サイズ(約)縦9.6cm×横11.5cm×厚さ1.8cm
重さ(約)92g
材質コードバン(馬革)、栃木レザー(牛革)
仕様札入れ×2、カード入れ×10
生産国日本製

Instagram

@tokyo_yamatou

FACTIO(ファクティオ)

山藤では定期的にワークショップ<FACTIO(ファクティオ)>を開催しております。殆どのプログラムが予約不要の気軽なミニワークショップです。「革」を「もの」にする体験をぜひお試しください。

今月のワークショップはこちら