【使用レポート】ティートアロンソ マルチパーパス | 山藤(やまとう)| 老舗の職人が作る日本製の革財布
キーワード
カテゴリー
予算
x 閉じる

【使用レポート】ティートアロンソ マルチパーパス


こんにちは、アトリエスタッフの翔一朗です。マルチパーパスはいくつか使っていましたが、正直、僕には容量・サイズ共に大きすぎて、「もっと小さくて良いのに!」と思っていました。そして待望の、『容量は減ったけどコンパクトになったマルチパーパス』が登場!ここではサンプル段階から数えると半年ほどこの形を使っている私が、完成した製品を1ヶ月ほど使用した財布の写真とともに、商品ページだけでは伝えられないリアルなレビューとしてお伝えします。どうぞお付き合いください!


待ってました!小さくて薄いマルチパーパス


荷物が少なかったり、カバンを持ち歩かない、という方に今までのマルチパーパスは大きかったと思います。その分、見かけによらず大容量だし、ポイントカードとかもたくさん持ち歩けるので安心ではあったのですが、やっぱりズボンのポケットに入れるには少し厚い。しかしこのティートアロンソのマルチパーパスは厚さに対するストレスは全然感じませんでした!薄い二つ折りのお財布をお探しの方にはお勧めです。側面から撮っている写真、お財布の中にはカードが7枚、硬貨が348円、レシートが12枚入っています。(、、、この日お札が入っておらず、お恥ずかしい限りでございます。)

タイトな造りだから


使い始めは、カードの出し入れがキツいと感じました。カードの出し入れのしやすさよりも、コンパクトさを重視しているためタイトな造りとなっているからです。使っていくと革が少し伸び、段々とカードの出し入れはしやすくなってきました。また、写真のように親指と人差し指でカードの短辺にあたる部分を軽く抑えるとカード入れとカードの間に隙間が生まれ、出し入れしやすいです。



仕様としてはカード入れは4つなので、カードは4枚収納がベストです。しかし前述の通り、私は7枚収納しています。(お財布さん、無理をさせてごめんなさい。)マルチポケットに2枚、小銭入れ部分に1枚収納して、7枚です。最初は4枚でしたが、革が馴染んできたタイミングで1枚、2枚、3枚と増やしていきました。小銭入れ部分にカードを収納することは、小銭によってICチップはもちろん表面に傷がついてしまうリスクがありますことをご注意ください。



また、マルチポケットにはカードを縦に入れることもできます。この時はホックの上の方を使えば、ちゃんと閉まります。

経年変化が楽しい

ティートアロンソシリーズで使用しているイタリアンレザーは、ベジタブルタンニン鞣しの素上げの革。傷やシミはつきやすいですが、どんどん味になります。ツヤが出てきて自分だけのお財布に仕上がっていく感じ。経年変化を思う存分楽しめます。小銭入れ部分につく硬貨の跡さえ愛おしいです、、、。



ティートアロンソ マルチパーパス 商品ページへ


シンプルなデザインで革を楽しめるお財布になっています。コンパクトにスッキリお財布を持ち歩きたい方、ぜひご検討ください!


オンラインショップTOPページへ戻る