FUUKIN
ラウンドファスナー長財布

54,000円(税込59,400円)

FK175000
カラー

キャッシュレス決済 5%還元対象

レターパック:ご購入2,700円(税抜)〜
ヤマト運輸:ご購入2,700円(税抜)〜

限定カラー「チョコレート」と「マスタードイエロー」が登場

追加生産の際に、定番カラーに加え、チョコレートとマスタードイエローの限定色製品を10個ずつ生産いたしました。素材には、ブラック・ネイビーと同じく国内タンナー・新喜皮革による最高品質のコードバンを使用しています。チョコレートは深みのある落ち着いた色と透明感が美しく、マスタードイエローはとても美しい発色です。内装には2色ともに、ライトブラウンのボックスカーフで仕上げました。店頭でも同時発売の為、売り切れの際にはご容赦くださいませ。

コードバン×風琴マチ、違いの分かる大人のための長財布

「革のダイヤモンド」と呼ばれるコードバンが持つ圧倒的存在感と気品。そこに合わせるのは、今はもう継承者の希少になってしまった日本の伝統工芸「風琴マチ」。風琴マチはお金を綺麗に使おうとする日本人の美しい所作の為に生まれた技術です。一度でも紙幣を出入すると、この財布の本当の価値を体感できるはず。外側のカードポケットは左右で6枚ずつ、合計12枚のカードを収納可能です。日本の匠の技術を惜しみなく使ったフウキンと、普通の財布との違いはほんの些細なものかもしれません。だからこそ見えにくい部分にこだわる、そんな違いのわかる「粋な大人」の為の財布と言えるのではないでしょうか。

内装にもこだわった山藤のフラッグシップモデル

最高級の革素材であるコードバンに、キメが細かく滑らかな繊維を持ちつつも極端に表情が変化しないボックスカーフを内装にあわせた最高級の仕様です。ボックスカーフの表面の「水シボ」模様は、革の繊維に沿って職人が一枚一枚手揉みで仕込んでいます。この一手間がFUUKINの重厚感の秘密。最高の素材と、日本の伝統技巧、職人による手間、全てを組み合わせたこのシリーズは、まさしく山藤にしか作れない最高級モデルであると誇りを持ってお届けいたします。

レザー

奥行きのある透明感が美しい日本産の「水染め」コードバン

農耕馬の臀部(でんぶ)のぶ厚い原皮を、「コードバン層」と呼ばれる非常にきめ細かい繊維が出てくるまで削ることでできるコードバン。全ての原皮にコードバン層があるわけではなく、しかも削って見ないとわからない。その希少性と美しさから「革のダイヤモンド」とも呼ばれています。
山藤では、世界屈指の技術を持つ国内タンナー・新喜皮革社製のコードバンを使用しています。表面の顔料仕上げに頼らず、時間をたっぷりかけ「水染め」された革は、吸い込まれるような透明感を持ち、思わずため息の溢れる美しさです。

注意点

製造・管理には細心の注意を払っておりますが、全て手作業にて製造する為、製造過程で革の表面に細かな傷がついてしまう場合がございます。風琴シリーズには貴重素材コードバンと伝統技術「風琴マチ」を採用している為、一度に製造できる数が限られております。製品は厳正な検品を経てお客様の元へお届けいたしますが、構造上の不良品以外の交換・返品は難しい場合がございますので、ご理解の上、ご購入いただきますようお願い申し上げます。

収納量

  • お札・レシート〜50枚
  • カード12枚
サイズ(約)縦9.1cm×横19.2cm×マチ1.8cm
重さ(約)150g
材質コードバン、ボックスカーフ、レーヨン
仕様風琴ポケット×2、ポケット×2、カード入れ×12
生産国日本製

ご購入いただいたお客様の声

風琴マチを探して・・・・・
以前、TVで長財布のマチが外側に向いている物を紹介している番組を観てず〜っと気になってました。それが山籐さんのお店の紹介番組でした。内側に向いているマチだとどうしてもお札の角とかが巻き込まれて折れたりして、外側に向いているマチって無いのかなと思ってました。今回ネットで調べて山藤さんに辿り着き、風琴マチという存在を知って、何故風琴マチのお財布が少ないのかもわかりました。購入に際し、高価な品で悩みましたが、どうしても欲しかったので2019年の天赦日、6月26日に合わせてネイビーを購入しました。手に取り感じたのは、流石コードバンしっとりとしたなめらかさが気持ちいい手触りです。そして何よりも薄い、カードポケットも十分ありますし、お札も分けて入れられスッキリです。使い始めて7カ月過ぎましたが、前に比べ散在が少なくなった気がします。これからも大切に使っていきたいと思います。
全てにおいて完璧
コードバン財布が欲しいと思い、実店舗なども含め数カ所で見て回り検討した結果、日本製、さらに革も国産ということでこちらに決めました。
届いて箱を開け、財布を手に取った瞬間に美しさに感動しました。
「透き通るような艶」という言葉は嘘ではなく、自分の顔が反射するほど。
作りも申し分なく、特に風琴マチは初めて見ましたが、使い勝手も感動もので、誰かに自慢したい気持ちでいっぱいです。
薄めの作りで、秋口からはジャケットの内側にも忍ばせたい。
とにかく革・作り・値段全てにおいて大満足です。

Instagram

@tokyo_yamatou